曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「サウンドトラック」 平野義久 - アイ・アム まきもと「サウンドトラック」

曲名

サウンドトラック
サウンドトラック

アーティスト名

平野義久 (作曲)

ウベルト・パゾリーニの監督作「おみおくりの作法」をベースにした本作は、市役所の“おみおくり係”で働くちょっと迷惑な男・牧本壮を主人公にした物語。空気が読めない牧本が、孤独に亡くなった人を独自のルールに従っておみおくりしていく。「舞妓Haaaan!!!」「なくもんか」「謝罪の王様」の水田伸生が監督を務め、牧本役の阿部と4度目のタッグを組んだ。倉持裕が脚本を手がけている。

今回発表されたのは、牧本の迷惑に翻弄される人々を演じたキャスト陣。疎遠になった父の葬儀への参列を牧本に迫られる津森塔子役に満島ひかり、牧本に負けず劣らず迷惑な男・蕪木役に宇崎竜童、刑事の神代役に松下洸平がキャスティングされた。また、牧本に振り回されながらもその行動に理解を示す葬儀屋・下林をでんでん、食品工場で働いていた蕪木の元同僚・平光を松尾スズキ、牧本を取り締まるために県庁から派遣された市民福祉局局長・小野口を坪倉由幸(我が家)が演じる。さらに、漁港で居酒屋を営む蕪木の元恋人・今江みはる役で宮沢りえ、蕪木の元同僚で、“彼の迷惑に救われた”という過去を持つ槍田役で國村隼が出演。

満島は「マキモトさんは、素晴らしい真っ直ぐさの持ち主で、見ている人をハッ!とさせるところが幾度もあるのでは、と感じます」、松下は「不思議な魅力を持った牧本の他人を動かす力の原動は『無垢』である事。しかし彼はそれを武器とはせず、真っ直ぐに見つめる透明な瞳で僕らに語りかけてくれました」とそれぞれ主人公の魅力を語っている。

2022年9月30日(金)公開。

平野義久に関する商品を Amazonで買う


アーティスト情報

平野義久

★プロフィール

1971年12月7日生まれ、和歌山県新宮市出身。 曲家、編曲家。1992年に渡米しジュリアード音楽院教授に師事、その後イーストマン音楽大学に入学した。1999年に帰国後、劇伴音楽の作曲や編曲などを手掛けている。クラシック音楽に深く根ざした優雅な作風が特徴。一方で、ポップスや現代音楽に近い作品も見られる。卓越したオーケストレーション技術に裏付けされた高い音楽性は印象的。

映画情報

※本情報は、2022.04.19 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト