曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「サウンドトラック」 アーティスト名未発表 - 青葉家のテーブル「サウンドトラック」

曲名

サウンドトラック
サウンドトラック

アーティスト名

作曲家未発表 (歌)

ドラマ「青葉家のテーブル」は、暮らしに寄り添ったコンテンツを発信するECサイト「北欧、暮らしの道具店」で2018年4月から配信されている作品。ドラマ版に引き続き、シングルマザーの青葉春子を西田が演じ、息子リク役で寄川歌太、春子の飲み友達めいこ役で久保陽香、めいこの彼氏である小説家ソラオ役で忍成修吾が出演する。さらに、春子の友人・国枝知世役で市川実和子、知世の娘で青葉家に居候をする国枝優子役で栗林藍希が参加。監督は、ドラマ版より松本壮史が続投する。

映画では、春子、リク、めいこ、ソラオの4人で共同生活をしている青葉家に優子が居候しに来たことから物語が展開。優子の母・知世とは20年来の友人である春子だが、彼女との間に気まずい過去があることが明らかになる。松本は「青葉家の世界がぐっと拡がりました。大人も子供も混じり合ったひと夏の青春群像劇となっています」と本作を紹介し、本作のエグゼクティブプロデューサーを務める「北欧、暮らしの道具店」店長・佐藤友子は「日々奮闘している大人世代の方にも、自分とはなんぞやと模索をしているい若い世代の方にも『こんな映画をずっと待ってた』と思ってもらえる作品になっているのではないかと期待しています」とコメントした。

■あらすじ
あらすじ
シングルマザーの春子(西田尚美)と、その息子リク(寄川歌太)、春子の飲み友達めいこ(久保陽⾹)と、その彼氏で小説家のソラオ(忍成修吾)という一風変わった4人で共同生活をしている青葉家。夏のある日、春子の旧友の娘・優子(栗林藍希)が美術予備校の夏期講習に通うため、青葉家へ居候しにやって来た。そんな優子の母・知世(市川実和子)は、ちょっとした”有名人”。知世とは20年来の友人であるはずの春子だが、どうしようもなく気まずい過去があり…。

2021年春公開。


映画情報

※本情報は、2020.12.18 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト