曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「楽園をふたりで」 ハナレグミ&コトリンゴ - さよなら、ティラノ「エンディング曲」

曲名

楽園をふたりで
オリジナル(書き下ろし)

アーティスト名

ハナレグミ&コトリンゴ (歌)

作詞:坂本慎太郎
作曲:コトリンゴ
CD発売日・配信日未発表。

シリーズ累計200万部を超える宮西達也の人気絵本「ティラノサウルスシリーズ」を劇場アニメーション化。氷河期が近づき、すべてが荒廃した恐竜時代。乱暴なゴルゴサウルスたちに追われるプテラノドンの少女プノンの前に、巨大なティラノサウルスが現れる。ゴルゴサウルスたちはその迫力におされ逃げ出すが、ティラノはプノンには目もくれず、木の上になっている赤い実を食べ始める。プノンが探している「天国」という場所へ行けばたくさんの赤い実を食べられると聞いたティラノは、彼女と一緒に行くことを決意。一方、ティラノの「地上最強」の地位を奪おうと企むゴルゴサウルスたちは、彼らをしつこく追い続けていた。監督は劇場版「名探偵コナン」シリーズの静野孔文。手塚プロダクションがアニメーション制作を担当し、坂本龍一が音楽を手がける。

さらに本作のエンディング曲が、坂本慎太郎が作詞し、ハナレグミ&コトリンゴが歌った「楽園をふたりで」であることも明らかに。ハナレグミは「コトリンゴさん坂本慎太郎さんが作った素晴らしい楽曲を歌いこなすのは、僕にとっての大きな冒険でした」と述べ、作曲も担当したコトリンゴは「坂本慎太郎さんが物語に溢れる想いを言葉に紡いでくださり、大きく力強い身体だけれど、繊細な心を持つティラノのイメージにぴったりのハナレグミさんの声が、素晴らしく表現してくださいました」とコメントしている。

新型コロナウイルスの影響で封切り延期となり新たな公開日は未定。

2020年公開日未定。

当初 2020年初夏公開。

アーティスト情報

ハナレグミ&コトリンゴ

★プロフィール

ハナレグミは、2008年9月に解散した日本のファンクバンドSUPER BUTTER DOGのボーカル永積タカシ(ながづみ たかし、本名永積崇、1974年11月27日 - )による日本のソロユニット。名前は自身が離れ目であることに由来する。所属レコード会社はビクターエンタテインメント。
コトリンゴは、出身、坂本龍一ナビゲーターを務めるJ-WAVE「RADIO SAKAMOTOのオーディションコーナーで抜擢された女性シンガーソングライター。コトリンゴという名前は、自身が大好きな「小鳥」と毎日食べていた「りんご」を合わせてできたもの。また曲作りの際に使っていたパソコンもMacだったため。高校卒業後、神戸の甲陽音楽学院に入学。同校を卒業ののち特別奨学金を得て1999年、バークリー音楽大学に留学、ジャズ作編曲科/ピアノ演奏科専攻

映画情報

※本情報は、2020.06.20 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト