曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「サウンドトラック」 ロケ・バニョス - テリー・ギリアムのドン・キホーテ(原題:The Man Who Killed Don Quixote)「サウンドトラック」

曲名

サウンドトラック
サウンドトラック 試聴あり
2018.06.11 発売

アーティスト名

ロケ・バニョス (作曲)

第71回カンヌ国際映画祭のクロージングを飾った本作。1989年より構想が練られ、2000年にスペイン・マドリードで撮影が始まるも、現場周辺を軍用戦闘機が飛び交い、あえなく中断となった。さらに鉄砲水により撮影機材が損害を受け、ロケ地の景色も様変わりしてしまう悲劇に見舞われる。なんとか撮影を続けようとするギリアムだったが、ドン・キホーテ役のジャン・ロシュフォールが腰痛を訴え、歩行困難となり企画が頓挫。その後も資金繰りやキャスティング、権利関係の問題によりトラブルが重なったが、計9回の頓挫を乗り越え完成に至った。災難続きの制作過程はドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」として記録されている。

本作ではスランプに陥ったCM監督トビーが、10年前に撮影した映画「ドン・キホーテを殺した男」でドン・キホーテ役に抜擢した老人ハビエルと再会したことで、奇怪な旅路へと巻き込まれていくさまが描かれる。ジョニー・デップやユアン・マクレガーといった俳優が決まっては立ち消えた主人公トビー役には、最終的にアダム・ドライバーがキャスティングされた。自身をドン・キホーテと信じる靴職人ハビエルを演じたのは「未来世紀ブラジル」などで知られるジョナサン・プライス。トビーのボスをステラン・スカルスガルド、ボスの妻でトビーを誘惑するジャッキをオルガ・キュリレンコが演じたほか、ジョアナ・リベイロ、オスカル・ハエナダ、セルジ・ロペスが出演している。スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル合作。

2020年1月24日(金)公開。

CD/ダウンロード
2018/6/11発売

アーティスト情報

ロケ・バニョス

★プロフィール

1968年生まれ、スペイン出身の作曲家

★関連リンク

映画情報

※本情報は、2019.11.07 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト