曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「人間の証明のテーマ[カバー]」 EXILE ATSUSHI - 人間の証明「主題歌」

曲名

人間の証明のテーマ[カバー]
サウンドトラック

アーティスト名

EXILE ATSUSHI (歌)

ギター演奏:Char

CD発売日・配信日未発表。

 今から41年前の1976年、森村誠一の推理小説『人間の証明』は発表されました。一躍ベストセラーとなった本作は、現在までに単行本・文庫本で累計770万冊以上を売上。孤高の刑事・棟居という名キャラクターを生み出し、最も有名な森村氏の代表作として、松本清張の『砂の器』(1961年)と双璧をなす「昭和を代表する名作ミステリー」であることは言うまでもありません。
 また、1977年に公開された岡田茉莉子・松田優作主演映画は、劇中での「母さん、僕のあの帽子、どうしたでしょうね?」という西條八十の詩のインパクトとともに、40年が経った今も人々の記憶に鮮烈に残っています。
 森村氏が紡ぎ出した原作の魅力は、殺人犯を追う刑事を描く「本格捜査ドラマ」であるとともに、激動の戦後を必死に生き抜いた「ひとりの女性の数奇な一代記」であり、家族の絆と崩壊を描く「ホームドラマ」であり、そして「国境を越えた親子愛の物語」であることです。
 これまで、設定等を変えドラマ化が幾度も重ねられてきましたが、今回は、原作に忠実に「終戦直後から1970年代の昭和」を背景として、普遍的な訴求力に富むストーリーの映像化に挑みます。

ATSUSHI コメント
このたび、映画“人間の証明”の主題歌である、故ジョー山中さんの“人間の証明のテーマ”を歌わせて頂くことになりました。人生とは不思議なものです…2011年にジョー山中さんは亡くなってしまいました。しかし、僕はこの曲にとても思い入れと、馴染みがありました。僕がなぜこの曲を知っていたかというと、僕がよく行くBARにレコードがたくさん置いてあって、そのBARの閉店の曲がこの“人間の証明のテーマ”なのです。それは今も変わらず、そのBARでは27年もの間、ずっとその曲が流れています。
また大変恐縮なのですが、今回のお話をいただくまで、僕は映画「人間の証明」を拝見した事がなく、今回はじめて拝見しました。それもそのはず…1977年公開ですので、僕の生まれる前の作品です。しかし、ありがたく今回お話をいただいた事で、初めて拝見いたしましたが、本当に素晴らしく、まったく時代を感じないというか、こんなオシャレな映画が1977年に作られていたと知り、ショックさえ感じるほどでした。オープニングがとても色鮮やかで、それとニューヨークでのカッコいいシーンと、日本の昭和の素晴らしさみたいなもののコントラストというのでしょうか…そして映像美もさることながら、やはりストーリーも戦後の日本とアメリカの関係性みたいなものを考えさせられたり、昭和の日本の良さを感じたり、また時代性も考えさせられる、とても深みのある映画でした。とにかく素晴らしい作品ですし、僕も心を込めて歌わせていただきました。そして、楽曲のギターは当時ジョー山中さんと一緒に活動されていたこともある、言わずと知れた日本のスーパーギタリスト、Charさんに弾いていただきました。本当に感無量です。
みなさん、ぜひドラマの方も楽しんで観ていただけたらと思います。

Charさん コメント
Joeが私のギター1本でよく唄いたいと云ってくれた、思い出深い曲です。Joeは、私がアマチュア時代、プロの世界に引き上げてくれた大恩人のひとりであり、それ以来友人として、音楽仲間として、長い付き合いをしてきました。世界に誇るシンガーJoeの代表曲にまた関われる事に喜びを感じました。また、今を代表するシンガーATSUSHIさんが歌うという話を聞いて、絶対いいモノが仕上がると確信しました。
ギターを弾く為に、プライベートスタジオにて録音中、ATSUSHIさん御本人がわざわざ顔を出してくれ、私のプレイに大きくプラスのイマジネーションを与えてくれました。Joeが新しい音楽仲間と出会わせてくれたと感じ、あらためて音楽を続けてきて良かったと思いました。このニューヴァージョンをJoeに聞いてもらいたいけど… Hey Joe, do you remember…?

2017年4月2日(日)よる9時放送。

<原曲>
「「人間の証明」 のテーマ」
ジョー山中

EXILE ATSUSHIに関する商品を Amazonで買う

CD

ATSUSHI(EXILE)

アーティスト情報

EXILE ATSUSHI

★プロフィール

1980年4月30日生まれ、埼玉県越谷市出身。男性シンガーソングライター。EXILEのボーカリストで、元COLOR(現DEEP)のボーカリスト兼プロデューサー。埼玉県越谷市出身。身長175cm、体重67kg。血液型はA型。

CDなどを買う

CD
1998/5/25発売

人間の証明 オリジナル・サウンドトラック Soundtrack

サントラ

ディスク:1-11曲目に収録。
「母さんあの帽子,どうしたでしょうね?」というフレーズが投じ流行語にまでなった角川映画の第2弾作品(76年)。都会的な匂いを漂わせる大野雄二のジャズ・テイストたっぷりのスコアはいま聴いても新鮮。ジョー山中の主題歌も懐かしい。祝・初CD化。

Amazonで買う

書籍
2015/2/25発売

人間の証明 (角川文庫) 文庫

森村 誠一 (著) KADOKAWA/角川書店; 改版

「母さん、僕のあの帽子、どうしたでせうね?」。西条八十の詩集を持った黒人が、ナイフで胸を刺されて殺害された。被害者は「日本のキスミーに行く」と言い残して数日前に来日したという。日米合同捜査が展開され、棟居刑事は奥深い事件の謎を追って被害者の過去を遡るが、やがて事件は自らの過去の因縁をも手繰り寄せてくる―。人間の“業”を圧倒的なスケールで描ききった、巨匠の代表作にして不朽の名作。

Amazonで買う

DVD
2016/01/29発売

人間の証明 角川映画 THE BEST [DVD]

出演: 松田優作, 岡田茉莉子, ハナ肇

東京のホテルのエレベーター内で血まみれで発見された黒人青年の死体に端を発し、事件を捜査する刑事とニューヨーク市警、容疑者、彼らの親の軌跡が戦後30年の時を超えて絡んでいく。松田優作の代表作。“角川映画40周年記念1,800円シリーズ”。

Amazonで買う

番組情報

スペシャルコンテンツ

人間の証明|テレビ朝日

インタビュー・メッセージ/その他

※本情報は、2017.03.05 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト