曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「tonigh」 YUKI - グラスホッパー(GRASSHOPPER)「主題歌」

曲名

tonigh
J-POP
2015.11.04 発売

アーティスト名

YUKI (歌)

人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、生田斗真、浅野忠信、山田涼介(Hey! Say! JUMP)の豪華共演で映画化。「犯人に告ぐ」「イキガミ」、生田主演の「脳男」などで知られる瀧本智行監督が、再び生田主演作でメガホンをとった。仕組まれた事故により恋人を失った教師・鈴木は、復讐のため教員としての職を捨て、裏社会の組織に潜入する。しかし、復讐を遂げようとした相手は「押し屋」と呼ばれる殺し屋によって殺されてしまう。押し屋の正体を探ろうとした鈴木だったが、自らの嘘がばれ、組織から追われる身になってしまう。ハロウィンの夜に渋谷のスクランブル交差点で起こった事故をきっかけに、心に闇を抱えた3人の男の運命が交錯していく様を描いた。
2015年11月7日(土)公開。

アーティスト情報

YUKI

★プロフィール

1972年2月17日生まれ、北海道函館市出身、女性ポップ歌手、シンガーソングライター。元ジュディアンドマリーのボーカル。いくつになってもキュートで素直なキャラクターで、幅広い層の女子から支持されている。函館大谷短期大学卒。

★関連リンク

CDなどを買う

CD
2015/11/4発売


2007/6/23発売

グラスホッパー (角川文庫) 文庫

伊坂 幸太郎 (著) 角川書店(角川グループパブリッシング)

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに―「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。

Amazonで買う

書籍
2008/10/4発売

グラスホッパー (1) (KADOKAWA CHARGE COMICS 25-1) コミック

伊坂 幸太郎 (著), 井田 ヒロト (著) 角川グループパブリッシング

Amazonで買う

書籍
2008/10/4発売

グラスホッパー (2) (KADOKAWA CHARGE COMICS (KCC25-2)) コミック – 2009/3/5

伊坂 幸太郎 (著), 井田 ヒロト (著) 角川グループパブリッシング

Amazonで買う

映画情報

※本情報は、2015.09.13 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト