曲名探偵団

テレビCM・テレビ番組・映画・人物・キーワードから検索可能

TOP > 「サウンドトラック」 吉川清之 - ドラマスペシャル アガサ・クリスティ 予告殺人「サウンドトラック」

曲名

サウンドトラック
サウンドトラック

アーティスト名

吉川清之 (作曲)

2017年3月、日本初映像化作品としてテレビ朝日で制作・放送された『そして誰もいなくなった』。それを皮切りに翌年3月には『パディントン発4時50分』『大女優殺人事件〜鏡は横にひび割れて〜』を2夜連続で放送し、大好評を博してきました。
 そして2019年春――テレビ朝日がおおくりする3年目にして第4弾となるアガサ・クリスティ作品は『予告殺人』! クリスティー・ファンクラブ選出の“人気作品ベストテン(1982)”で『そして誰もいなくなった』『アクロイド殺し』『オリエント急行殺人事件』に次いで第4位を獲得、“マープルシリーズ”の中ではトップに輝いている、非常に評価の高い作品です。

 ある朝、新聞の広告欄に唐突に掲載された「殺人のお知らせ」。果たして、世にも恐ろしい殺人の予告は本物なのか…? 壮大な謎とともに幕を開けた物語は、その予告通りの日時と場所で殺人が起きるという衝撃の展開へと発展していきます。
 「誰が、何の目的で殺人を予告したのか?」「犯人はいったい誰なのか?」――アガサ・クリスティならではの緻密に練られたトリックと息もつかせぬ展開は本作でも随所に! あっという間の2時間で、視聴者を物語の世界へと引きずり込みます。

2019年4月14日(日)よる9時

書籍
2003/11/11発売

予告殺人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) 文庫

アガサ・クリスティー (著), 田村 隆一 (翻訳) 早川書房

その朝、新聞の広告欄を目にした町の人々は驚きの声を上げた。「殺人お知らせ申しあげます。12月29日金曜日、午後6時30分より…」いたずらか?悪ふざけか?しかしそれは正真正銘の殺人予告だった。時計の針が予告の午後6時30分を指したとき、銃声が響きわたる!大胆不敵な殺人事件にミス・マープルが挑む。

Amazonで買う

アーティスト情報

吉川清之

★プロフィール

1965年4月21日生まれ、劇伴作曲家。東京都出身。血液型O型。自ら劇伴音楽を手がける新・警視庁捜査一課9係では第2シリーズの第5話でピアニスト役で出演していた。

番組情報

※本情報は、2019.04.14 時点の情報です。

このページの情報や曲名探偵団のサイトについて、ひと言お願いします♪

性別/年齢  女 男   

◆皆様より頂きました「ひと言」はサイト改善やサービス向上に役立てさせていただきます◆

  • コンビニ証明写真「ピクチャン」
  • H2-STYLE iPhone用アルミビレットバンパー 発売中! H2-STYLE.com
  • N1アフィリ
  • iPhone4ケースギャラリーサイト